アクセスカウンタ

<<  2015年9月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


「あとでって、いつ?」発売です!

2015/09/21 17:11
画像



9月16日に、新刊「あとでって、いつ?」が発売されました!

お仕事の依頼が 今からちょうど1年ほど前になりますので、

早かったといえば早かったですね。


今回は、編集をご担当下さったNさんの強いご要望もあって、

そう、男の子が主人公なのです〜(待望の!)


詳しいご紹介は、worksの方で後ほどアップいたしますので、

ここでは誕生の経緯をお話ししようと思います。

さて、Nさんは、以前から「たっくんのおてつだい」の
大ファンだったそうで(ありがとうございます♪)、
親と子の関わり合いの中で、子どもが成長する一コマを描きたい
とのことでした。

打ち合わせは、新宿のとある喫茶店で。

どんな方がいらっしゃるかと思っていたら、
大沢あかねさんのような、
キュートではつらつとした
素敵な方が現れました。

その当初は、ストーリーのテーマも筋も決まっていなかったので、

世間話を交えて、好きな絵本の話や、
どんなお話が好みか、など、
とりとめもなく会話をしました。

そしたら、なんと意外なところで共通点を発見。


実家はどちらも自営業。

家族構成も似ていて、
幼少期は、親がなかなか かまってくれなくて、
両親の仕事が終わるまで、
遊ぶ時間はいつも後回し、だったわけです。

でもこれって、現代の共働きが当たり前な家庭では、
よくあることなんじゃない?

と。

じゃあ、夫婦共働きの家に育つ
男の子の姿を描こう!と、

このように なったわけです。


さて、月日は少し流れ、
ブログにも時々登場する 幼なじみの親友宅へ
遊びに行った時のこと。

私と親友がおしゃべりばっかりしているので、
そこんちの子ども(愛ちゃん)は、
つまらないわけです(笑)

「ママ〜。さっちゃん。遊ぼ!」

「あとで、ママたち今おはなし中」

「ママ〜、おやつ」

「そこにあるおせんべい食べなさい」

「ママ、公園に行きたい」

「今まだ暑いから、あとでっていってるでしょ!」

なかばキレぎみで応答する親友(笑)に、

愛ちゃんがポツリと言いました。


「ねぇママ。あとでって、いつ?」


それからみんなで公園に出かけたのですが、

愛ちゃんから うんてい遊びを強要されつつも

私はボケっと考えました。


あとでって、いつ?
あとでって、いつ?
あとでって、いつなんだろう?

「いま」を楽しむことが大好きな子どもにとって、

「あとで」は、ものすごく長いものに感じるんだろうなぁ。



自宅に帰ってから、私は早速ストーリーを立ち上げてみました。

先に決定した、共働きの家庭+「あとで」。

そうして生まれたのが、「あとでって、いつ?」です。



このタイトルを見て、「耳がイタイ」と言った方もいます。

また「子どもは、あとでって言われた瞬間はしょげるけれど、
すぐに忘れて他の遊びを探し始めるから、こんなに深刻に考えないと思うよ」と、言った方もいます。


親の意見もそれぞれなら、
子どももまたそれぞれかな、って想像しました。


このお話にでてくるとっちゃんは、忙しいパパとママから「あとで」を言われ続け
ちょっぴり寂しい思いをしますが、
「本当は、すぐにでもとっちゃんと遊びたいんだ」という、
ママの本当の気持ちを教えてもらいます。

実は、これは、私自身が体験したことなんです。

小さい頃、なかなか遊んでくれない母に言ったことがあります。

お母さんは仕事ばかりして、全然遊んでくれないじゃないか!と。

すると台所にいた母は仕事の手を止め
「お母さんだって、本当は聡子と遊びたい」と泣き始めました。
多分相当疲れてたってこともありますよね。

だってムスメとムスコ合わせて
4人のかあちゃんだもの。

今思い出しても、ありゃ〜ヒドイことを言ったなぁ〜と
と反省しますが、
母の本当の気持ちが分かって、嬉しかった
という記憶が残っています。

気持ちが通じ合うって、大事なんだな。と。


編集のNさんもそこに大いに共感して下さり、

「あとで」のおはなしが、ここで形になりました。

忙しいパパやママの本当の気持ちが、
「あとで」を待ってくれている全ての子どもたちに届きますように。

子どもたちが、がんばってくれてるから
オトナも、がんばれる









記事へトラックバック / コメント


Cさん!

2015/09/10 18:16

私のお友達、マダムCさんは
ちょっと面白いんです。

面白いといっても、狙ってそうなんではなく
いわゆる天然といわれるやつですね。

最近では、その天然ワザが かなり極まってきているため、

一般の人では 理解しがたいものもあるそうですが、
私はおなかがよじれるくらい可笑しくてたまらないのです

さて、そんな彼女の日常茶飯事な天然ぶりを
愛情を込めて、ひとつ。


先日、習い事先のメンバー8名で行った、
中華料理店でのこと。


その店は、なぜか
男子トイレが奥の調理場の脇、
女子トイレが入り口、
と、驚くほど離れていました。

天然マダムCさんは着いて早々、トイレへ。

「あれ?Cさんは?」と私が聞くと、
他のメンバーが「トイレ行ったんじゃない?」と。

ふと見ると、調理場の脇にトイレらしき扉が見えました。


ほどなくして、マダムCさんがそこから出てきたので、
ああ、トイレは そこなのねと思いつつ、
楽しいお食事会が始まりました。

会話もはずみ、大いに笑い、そろそろお開き…という頃、

トイレに行こうと思った私はCさんに
「トイレ、調理場の脇ですよね」と聞きました。

「そうだよぉ〜」

ふふふ、と笑うマダムC。
かわいいなぁ、な〜んて思いながら、トイレの扉の前に立ってみると・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん?


扉の真上に、思いっきり“MEN” と書かれているではないか。


「Cさ〜ん、調理場の脇のトイレは、男性用だよ〜
テーブルに戻った私は、
Cさんに言いました。
すると彼女は、
「えーーうそ!!!!!
私、さっきそこに入っちゃったよ!!!!!!!」

と、たいそう驚いた ご様子。


「いいんじゃないですか〜?別に。
もう入っちゃったんだし、立ってするバージョン(笑)じゃなかったんでしょ?」

皆で はっは!と笑い合っていたところに、

突然、冷静沈着女子、H子さんが
扉の上にあったパネルの“MEN”に気がつきました。

「Cさん、あそこに
“MEN”って書いてあるじゃない」


「うん。見たよ。」


「え・・・?じゃなんでそこに入ったの」


「え・・・?
だってここ中華屋さんだから、
MEN(麺)類も置いてありますよ
っていう、
メニューの紹介パネルじゃないの・・・



な、なぜだーーーーー( ̄◇ ̄;)!!




全員の目が、トイレの扉の真上に注がれましたが、

キンキラなプレートには、黒で男性のマークがくっきりと描かれ、
これまた M 、E 、Nと、
大きく書かれており、

・・・どこからどうみてもどこからどうみても
どこからどうみても、

トイレの男女の区別を表すプレートでした。


彼女は泣きそうな声で言いました。


麺類って意味かと思ったのには
さらに理由があり・・・・・・・、

男性のマークの足2本が、

箸に見えた




どんだけ天然ーーーー!!


この、最後の一撃で、
私は完全にノックアウト。

将来はこんな女性を目指したいものだ・・・と感動さえおぼえました。


みなさんは、どう感じましたか?

いやいやまだまだ上を知っているゾという方、


ぜひご一報を。。。♪(´ε` )




記事へトラックバック / コメント


久しぶりのワークショップです

2015/09/06 23:29
毎回、事後報告で申し訳ありません

本日、下北沢にて羊毛のワークショップを開催いたしました

アイテムは、みなさんからもリクエストの多い

実用的な羊毛作品、、、ということで

初心者でも簡単に作れる

フェルトのポットホルダーでーーす

ナニそれという方、

早い話が、鍋敷きです(笑)



今回のワークショップは、

スペースをお借りした関係で、限られた時間の中で

作らねばなりませんでした。

なので、羊毛専門店のアナンダさんにも相談に乗っていただき、

あらかじめ型を作って、そこに羊毛を継ぎ足していくという、

「プレフェルトシート」を事前に準備しました。

これをしておくと、

いざ本番というとき、結構ラクなんですよ〜


画像


原毛を平たくちぎって並べ、

タテヨコ4層くらいの四角い形にしたら、

洗濯ネットに入れて、お湯洗剤で やわ〜く押し洗いします

画像



フワフワ感の残るところで押し洗いをストップし、

お水で洗い流せば プレフェルトのできあがり。



円板型にハサミで切り取って

ポットホルダーの原型ができました





画像



今日参加してくださった方の中には、

フェルトを初めて作る方もいらっしゃいましたが、

ゆっくり、時間をかけて、ニードルで模様を差し込んだおかげもあって、



全員がフェルト化 大成功

個性あふれる ステキな作品ができあがりました

画像



普段は仕事や子育てで忙しく

羊毛に触れる時間なんて取れなかったという方々も、

こうしてゆっくり羊毛に触れていると、

自分の心の内側に耳をすませることができる

と、言ってくださったのが印象的でした。

作品を作ることが、自分自身に向き合える時間になるんですね

開催して、良かった。。。

みなさんだけでなく、

私自身も心がリラックスした、いい時間となりました。











記事へトラックバック / コメント


<<  2015年9月のブログ記事  >> 

トップへ

ちいさなえほんカフェ 2015年9月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる