ちいさなえほんカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の小布施めぐり

<<   作成日時 : 2015/10/30 19:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0


久しぶりの、家族が揃った水曜日。
たまには車で出かけてみるかと、
秋の味覚を探しに出かけました

近頃、凹むことばかりで ちっともおもしろくないらしい母。
「髪が薄くなった」とか「シワが増えた」とか、
哀愁漂う発言が多くなり、
変なマイナスイオンを発散してくるんです(笑)

そんな母のため、選んだ行き先はというと、
先日私がテレビで観て、行ってみたいな〜と思っていた町、
長野県の小布施町。

栗の名産地として、古くから有名のようです。


朝8:00に東京を出発
途中小諸で高速道路を降り、
父のリクエストであった懐古園を散策

「30年ぶりだなぁ」と懐かしそうに父。
学生時代、ひとり旅でここを訪れたそうです。
・・・なんか計算が合わないが。



画像



公園の中をのんびり散歩し、園内のこじんまりとした神社で参拝。
私は、商売繁盛の神様を見つけ、
小さな賽銭箱に5円を投入。
「店もやってないのに何で商売繁盛?」と、
半ば呆れた母が参拝したのは、必勝祈願の神様。
一体何に必勝したいんだか

こうして和やかに旅を楽しむ父と母を
眺めていると、
なんだかずいぶん小さくなったなあと思います。


そして、ゆるゆると時は流れ、気が付けばお昼の時間です
お蕎麦屋さんにて長野名物の蕎麦を堪能。

流暢に昼食を取っていたら、
小布施に着いたのは14:00もまわった頃でした。

さすがは栗の名産地とだけあって、
小布施の町はすごい人だかり

林檎や梨など、
秋の美味しい食べ物を売りにしたお店が
軒を連ねていました

「栗!栗!生栗はどこ
友人に生栗を頼まれたこともあり、
私は次から次へとお店に入っては
あのツヤツヤした茶色い物体を探しました。

けれども
なぜか生栗の姿はどこにも見あたらず☆

こんなにオンシーズンの小布施で、
なぜにフレッシュな栗がないの??

3人で途方に暮れていると、
クレープ屋さんの奥さんが教えてくれました。

「あんたら、こんな時間に来たって遅いわよ!小布施の栗を買いたいなら朝一番に来ないと!」だって〜。
そ。そんなに早くこないとダメすか?


なんでも、小布施栗は有名になりすぎて、
生栗を買い求めにやって来た観光客が、
一度に5袋も10袋も買い占めてしまうんだとか(・・;)。

そりゃ、見つからないわけだわ


がっかりしながらも、気持ちを切り替え
美味しいお抹茶と栗菓子を振舞ってくれる名店、
「小布施」さんにて小休止をしました。

伝統ある建物の一角で、ゆっくりと午後ティー
イェーイ

画像



目的は達成されなかったけれど、
久しぶりに両親と一緒に過ごした秋の日帰り旅行、
良い思い出になりました。



ところで、この小布施の生栗。

東京でも手に入るらしいんです。




「聡子、そんなに欲しいなら東京で買えばいいじゃない

帰りの車中、
母がぽつりと言った一言の衝撃波がすごすぎました

えーーー!
最初に言ってよ

「売ってるわよ。八百屋さん行けば

大量の栗菓子と林檎を買い込み、
必勝祈願を済ませた母。


白髪とシワの量は変わってないけど、
すっきりしとした顔を見てたら
遠くまで足をのばして、良かったようです




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

秋の小布施めぐり ちいさなえほんカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる