ちいさなえほんカフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS サンタクロースがやってくる

<<   作成日時 : 2015/12/24 19:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

12月始め、今年最後の原画納品を終え、

今まで長いこと会えずにいた

たくさんの友人達と一挙に会いました

季節柄みな忙しく、

特に、小さい子どもたちがいるおうちは、

この時期クリスマスのプレゼント選びに大忙しですよね。



いまではママとなったお友達たちと共に、

私もここ2週間で、新宿、池袋のほぼすべてのデパートを駆けずり回りましたよ。

クリスマスプレゼントを選びながら、おしゃべりしながら、合間にお茶を飲みながらの

「ながら作業」。

器用なもんさ(^^;;


さて、そんな中で印象に残ったのが、

おもちゃ売り場にいた子どもたちの姿。

どの売り場にも、小さな胸を夢でいっぱいにふくらませて、

自分がもらえるであろうクリスマスプレゼントに思いを馳せる子どもたちがいました。


忘れていた感覚を、思い出しましたね



目をキラキラ輝かせながら一心に陳列棚を眺める子どもたち、

今まさに、めいいっぱい想像の世界で遊んでいるんだな、と。


松岡享子さんの書かれた「サンタクロースの部屋」という本がありますが、

サンタクロースを信じる子どもたちの心の中には、

想像力を育む、大きなお部屋が作られるのだそうです。


その部屋が、今、目の前で作られている

ちょっと感激でした。

(疲れ果ててボロボロだったので、超感激というわけにはいきませんでしたが(笑))


私が子どもだったころは、

年末年始もなく、忙しく働いていた父や母。

「サンタクロースだって忙しいし、きっと日本までは遠すぎて来られないんだよ」

と教えられてはいましたが、

それでも毎年、自分の小さなくつ下を布団の横に置いては、

翌朝プレゼントが入っているにちがいないと、

ドキドキしながら眠りました。


あら。 あんとき、

私の心の中にも、サンタクロースの部屋がちゃんとあったんだって(笑)

いまさらながら知りました。

嬉しい発見でした


夢や想像力は、人の生きる力です。

目に見えない「もの」や「こと」を、

絶対に、「ある」、「いる」と想像することは、なんと楽しいことでしょう。



みんなに平等に夢を与えてくれる、クリスマス。

お城のおひめさまにも、マッチ売りの少女にもね




さて、今夜の子どもたちの心には、

どんな夢や想像が描かれるのでしょう?



サンタクロースのお部屋、

大きく大きく、育まれますように・・・









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

サンタクロースがやってくる ちいさなえほんカフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる