アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「おでかけ」のブログ記事

みんなの「おでかけ」ブログ


国展に行ってきました。

2018/05/14 14:52


今日は、国立新美術館で開催中の国展に行ってきました。

お友達が毎年絵を出展されているので、

観に行くのがとても楽しみです。



昨日とはうってかわって、今日は快晴

久しぶりに、都会へと外出です(笑)。


画像





美術館は、昔はよく行ったものですが、

最近は時間が取れず、めっきり行かなくなってしまいました。

展示室に入ると、

ぷうんと、絵の具の良い匂い。


画像




画像



この国展のよいところは、明るい展示室と、

さほど順路を気にせず歩き回れる気安さですね

開放的なので、気の向くままに好きな絵の前でぼーっとしたり、

あとは、彫刻の展示してあるお庭にでることもできます


特に、私の作品の画風なんかは

商業デザイン的な部分が多く含まれているので、

こうした、枠にとらわれない自由な色や線が

うらやましく、新鮮にうつります

時間が空いたら、こんな大きな作品を描くのもいいなあ〜などと思いつつ

飾れるような広い部屋があれば。の話ですけれどね



画像




国展は、絵の他に写真、工芸、彫刻もたくさん展示してあり、

再入場もできるので、美術館内でお茶してからまた鑑賞。なんていうこともできます。




お誘いくださいました 常世 隆さん、竹下 佳江さん、

どうもありがとうございました(o^^o)!


画像



画像



画像






































記事へトラックバック / コメント


秋の小布施めぐり

2015/10/30 19:14

久しぶりの、家族が揃った水曜日。
たまには車で出かけてみるかと、
秋の味覚を探しに出かけました

近頃、凹むことばかりで ちっともおもしろくないらしい母。
「髪が薄くなった」とか「シワが増えた」とか、
哀愁漂う発言が多くなり、
変なマイナスイオンを発散してくるんです(笑)

そんな母のため、選んだ行き先はというと、
先日私がテレビで観て、行ってみたいな〜と思っていた町、
長野県の小布施町。

栗の名産地として、古くから有名のようです。


朝8:00に東京を出発
途中小諸で高速道路を降り、
父のリクエストであった懐古園を散策

「30年ぶりだなぁ」と懐かしそうに父。
学生時代、ひとり旅でここを訪れたそうです。
・・・なんか計算が合わないが。



画像



公園の中をのんびり散歩し、園内のこじんまりとした神社で参拝。
私は、商売繁盛の神様を見つけ、
小さな賽銭箱に5円を投入。
「店もやってないのに何で商売繁盛?」と、
半ば呆れた母が参拝したのは、必勝祈願の神様。
一体何に必勝したいんだか

こうして和やかに旅を楽しむ父と母を
眺めていると、
なんだかずいぶん小さくなったなあと思います。


そして、ゆるゆると時は流れ、気が付けばお昼の時間です
お蕎麦屋さんにて長野名物の蕎麦を堪能。

流暢に昼食を取っていたら、
小布施に着いたのは14:00もまわった頃でした。

さすがは栗の名産地とだけあって、
小布施の町はすごい人だかり

林檎や梨など、
秋の美味しい食べ物を売りにしたお店が
軒を連ねていました

「栗!栗!生栗はどこ
友人に生栗を頼まれたこともあり、
私は次から次へとお店に入っては
あのツヤツヤした茶色い物体を探しました。

けれども
なぜか生栗の姿はどこにも見あたらず☆

こんなにオンシーズンの小布施で、
なぜにフレッシュな栗がないの??

3人で途方に暮れていると、
クレープ屋さんの奥さんが教えてくれました。

「あんたら、こんな時間に来たって遅いわよ!小布施の栗を買いたいなら朝一番に来ないと!」だって〜。
そ。そんなに早くこないとダメすか?


なんでも、小布施栗は有名になりすぎて、
生栗を買い求めにやって来た観光客が、
一度に5袋も10袋も買い占めてしまうんだとか(・・;)。

そりゃ、見つからないわけだわ


がっかりしながらも、気持ちを切り替え
美味しいお抹茶と栗菓子を振舞ってくれる名店、
「小布施」さんにて小休止をしました。

伝統ある建物の一角で、ゆっくりと午後ティー
イェーイ

画像



目的は達成されなかったけれど、
久しぶりに両親と一緒に過ごした秋の日帰り旅行、
良い思い出になりました。



ところで、この小布施の生栗。

東京でも手に入るらしいんです。




「聡子、そんなに欲しいなら東京で買えばいいじゃない

帰りの車中、
母がぽつりと言った一言の衝撃波がすごすぎました

えーーー!
最初に言ってよ

「売ってるわよ。八百屋さん行けば

大量の栗菓子と林檎を買い込み、
必勝祈願を済ませた母。


白髪とシワの量は変わってないけど、
すっきりしとした顔を見てたら
遠くまで足をのばして、良かったようです




記事へトラックバック / コメント


ポルトガルはおいしかった

2014/12/16 11:02
今、ポルトガル料理にハマっています

それは、
代々木公園近くにある
マルデクリスチアーノさんというお店に行ったのがきっかけなんですが、

いつ通りかかっても常に超満員のお店で
(このご時世、素晴らしいことです!)
1週間前でも予約は難しいと言われるほど、人気のお店。

で、ようやく予約を取り付けて、お誕生日パーティーしました。


ポルトガルのお料理って、
調理方法が本っ当〜にシンプルなんですね。

基本は魚介の出汁に塩、胡椒、ハーブが効かせてあって、
素材の味を存分に楽しむ、といった感じ。

「料理は素材を知り、素材を愛することから始まるんです」と教えてくださったお店の方。
正に、そういう味がします。。。

90種類からなるメニューから選ぶ楽しさも手伝って、きっと毎日行っても 飽きない!と、思います。

誕生日の日に訪ねてからすっかり気に入って、
幾度かお邪魔しているのですが、
ある日のセレクト。

イタリアでも親しまれているタラのフリット。

イカとベーコンのイカ墨煮込み。

海老のリゾット。

アオリイカのグリル。

で、驚くのがサラダまで魚介(笑)

ムール貝のサラダを食べて、いやはや、シーフード満喫です。


おさかな好きな日本人にとっては、もってこいの料理ですネ

そうそう、こちらのお店は、もともとエッグタルトで有名になったお店だそうです。

ナタデクリスチアーノさんという名前で、百貨店の食品街にも出店しているそうです。

スペインバルの次は、ポルトガル料理の波が来そうですね


おいしいお料理、いつもごちそうさまです












記事へトラックバック / コメント


教文館さんへ行ってきました

2014/10/19 23:45

慌ただしく日々を送るうちに
いつしか季節は夏から秋に変わってしまいました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか

さて、先日、
絵本の原画を無事に納品し終え、
今日は久しぶりの銀座お散歩day
教文館さんへと、絵本の紅葉狩りをしにいったのです。

目指す絵本は見つけられなかったものの、
ここ何ヶ月かの間、ずいぶん絵本を楽しむという作業?を
していなかったんだなぁと気がつきました。
難しい顔ばかりして自分の本棚とにらめっこするのとは違い、
まっしろな気持ちで絵本を眺めるのは、
本当に楽しいものですね。

そして、教文館さんでのもう一つの楽しみは、
イベントスペースで何かしらの催しものに出会えること。

思いがけず、今回は
私の愛して止まない 出久根育さんの原画展に
出会うことができました

出久根さんの作品は、
透き通るような色彩と、ち密で繊細な絵のタッチが魅力でして、
一体どんな技法を駆使したら
こんなに素敵な風合いにできるのかしら?と
いつも不思議に思っていました。

なので、今回はその謎に迫ることができて
(正に、画面に穴があくほど迫りまして)なんと言うか、
いま満たされた思いでいっぱいです。


原画展は10/29までやっておられるそうですので、
ご興味のある方はぜひ足を運んでみて下さいね


グッズもいっぱい販売されていましたよ。

出久根さんカラー100%放出
マスキングテープ、
やっぱり買っておけば良かったなぁ。。。今さらだけど。。


本日の戦利品
「母の友」一日一話の特集号は
特に特に面白いですよ〜(*^^*)


画像












記事へトラックバック / コメント


下町が大好き

2014/08/29 23:51


下町を散歩していると、

思いがけないものに出会えたりするものです。




駄菓子屋さん。

新しいんだか古いんだかわからない面白い店構えがステキ

画像




あっ、屋根に人が!

画像


な〜んて思ったり、




さりげない手書き看板にユーモアセンスを感じたり。(笑)

画像



人のあたたかさが感じられるのが

下町散歩の良いところなんですよね〜。





下町のそうした風情や遊び心は、

細かく描かれた絵本をながめて楽しむのと

少し似ている気がして

いつまで見ていても飽きません




ここ数年、谷中、柴又、浅草をはじめ

色々な町並みを取材しているうちに、

感じの良い写真素材が

いっぱいになりました。

画像


画像


画像


ところで余談なのですが、

10代の頃から「アンタって本当に“昭和”だよね〜」と言われるんです。



確かに自分でも “昭和” な雰囲気を醸し出しているかなぁと思いますが、

散歩する場所に原因があるのかなぁ(^^;



こないだは17年上の人に、

「アンタの発言てさぁー、もう “きいちのぬりえ” の世界だよね」と

言われ。。。それって昭和初期ってこと(; ̄O ̄)?


いや、でもたぶん

“きいちのぬりえ” がわかってしまう私は “昭和初期女子” なのに違いない。




話を戻し、

私の好きなこういう風景は、是非 絵本の中に残しておきたいものです。



いつか西村繁男さんのように、古き良き日本の風情を楽しむ

愉快な作品が作れたらいいな〜と思っています ^o^









記事へトラックバック / コメント


異業種交換会

2014/08/15 19:11

先日、人生初の「異業種交換会」に参加してきました

武蔵小金井市の皆さんで作り上げる「楽しい人の会」。
今年で既に五回目にもなるそうです。
知らなかった〜



市民ホールに集まった皆さんは
実に色々な職種を持っていらっしゃる方ばかり。

画家さん、デザイナーさんをはじめ
あらゆるアート関係の方々、

老舗のエプロン屋さんや石屋さんや
はんこ屋さんや、

エステティシャンさんや、しじみ作家さん、
会場で、焼きたての食パンをふるまう
若々しいパン屋さん。


なんと総勢150人

名刺を交換しながら仕事の話をしたり、
興味のあることについて話し合ったりしました。


なにしろものすごい熱気


会場はハチの巣をひっくり返したような
ざわめきに包まれていて、
その中で自己紹介するので、
もはや会話というより叫び合い(笑)

あっちからこっちから
飛んでくる名刺を
10本の指に挟みまくりました。
←この時ほど千手観音さまが羨ましいと思ったことはありませんね


そんな感じで、
二時間ばかり名刺交換の時間がありまして、
そのあと親睦会。

さらに会話を深めます。


元気のある方は、その後、
カラオケにも行かれたようで、
いやはや、なんともパワフルな1日を
体験させていただきました(^^;;


夜になって、自宅に戻ってからは
いただいたお名刺とパンフレットの整理整頓↓
画像



名刺の数だけ出会いがあったのですね。

心地よい疲れの中で、
その日 出会った人々のことを思い出しました。。。


緊張もしたけれど、行って良かった。


普段ならば絶対に会話を交わせない職種の方々と、
気軽におしゃべりできたし

皆さん、仕事に誇りを持っているんだな〜
ってことがわかったし

がんばっている人は、輝いているってことが
とても良く伝わってきました。。。!


皆さん、どうもありがとうございました(o^^o)


そして、
誘ってくれたM子ちゃんには、大変感謝です(^^)












記事へトラックバック / コメント


挑戦者、プラネタリウムに挑む

2013/11/24 22:08

 暗い部屋に入ると、すぐに眠ってしまうのは
私だけでしょうか・・・?

 芸術の秋。
この季節になると、毎年、
バレエや演劇、クラシックコンサートなどのお誘いが
チラホラとあるのですが

“静かで暗い場所では必ず寝てしまう”という、悲しい歴史を
わたくしは今日まで背負って生きてきたのです・・・。


 その昔、初めてのデートで
映画「ストレイト・ストーリー」を観に行ったときのこと。
最初と最後の五分間をのぞき爆睡しました。
(ちなみに当時は完全入替制ではなかったので
相手の方が機転を利かせて“次の上映で観直そう”と
言ってくれたのに、再度爆睡してました

そうです。

暗い場所での静かなひとときは、私にとっては
非常に、キケンなのです。

 さて、今日は
近所の女の子、Aちゃんのための、お誕生お祝いを兼ねた
プラネタリウムデートでした。

 星座と神話が大好きなAちゃんは
10才のお誕生日記念にプラネタリウムに行ける!と、
1ヶ月以上前から この日をとても
楽しみにしてくれていました。

しかし・・・
プラネタリウムといえば
暗くて静かな、あの、空間です。

小学校の課外授業で何度か行ったことがありますが、
どれも半分しか、記憶がないのです

 しかしながら今日は大事な日!
絶対絶対、最初から終わりまで目を見開いて、
星の座標までしっかり覚えてやるぞ〜!
と、意気込みいさんで、いざホールに入りました。

 が。 

開演直後、室内の照明が徐々におち、
うっすらと 星が浮かび上がり、
やがて、満点の星が真っ暗闇に輝きだすと・・・


おーーっと!挑戦者、早くも寝技か?
視界をさえぎられ、身動きもとれない状態!
逃げ切れるか?!
いや、相手もなかなか手強いぞ!
ベガ!アルタイル!
神話がゆっくり語られるなかで
ま〜さ〜かのヒーリングミュージックー!
挑戦者もはや限界か!
おっと、夏の大三角形技がキマったところで
ついにノックアウトーーー!!


スリープタイム



 1時間後、「寝てたでしょ?」という言葉で
スッキリと目を覚ましました・・・

うわ〜ん!
ごめ〜〜〜〜ん!!

 Aちゃんは、笑いながら、星の名前と神話を
最初から話してきかせてくれました。
なんて親切すぎるの。
プラネタリウムをあとにし、
約束だったファミレスでパフェをほおばりながら
始終ごきげんでいてくれたあなたに、本当に本当に感謝です。


と、いうわけで
新たに刻まれた、寝技の歴史。

芸術鑑賞への道は、まだまだ遠いようです









記事へトラックバック / コメント


小江戸川越ぶらり旅

2013/06/16 08:13

 先日、次回作の素材集めをするために
川越へ行ってまいりました。
 川越散策は、今回で二度目になりますが、
いつ行っても新鮮で
のどかな街の景色に心が洗われますねぇ。

 さて、駄菓子の街として有名なこの街は、
別名「小江戸」とも呼ばれており、
伝統的な美しい瓦屋根の家並みが広がっています。

 今回の素材集めは、まず、その家並みから。

 今の時代、素材集めはインターネットからでも
簡単にできますが、
私はできれば"直接その場を訪れたい派"です。
 普段、誰も気にとめないような
ちいさなコト や モノを
細かく写真におさめておきたいからです。

 例えば川越なら、
瓦屋根ひとつひとつのデザイン。
石畳みや街路樹の様子、
店の看板なんかも
街の雰囲気づくりとしては
とても大事になってきますね。

 それから、
ショップカードや
ハガキ大のインフォメーションカードは、
絵のヒントになることも多いですから、
気に入ったデザインのものがあれば
いただいて帰ります。

 そして、集まった素材をベースに、
ラフスケッチを作り上げていきます。

 素材集めのために、実際にその場を訪ふれるということは
また、街に流れる空気や賑わいを
体感するためでもあります。

 キュウリまるごと一本を漬け物にして、
割り箸にさして売っていたおじさん。
その呼び込みのセリフ回しは
何とも言えず情緒にあふれていたし、

駄菓子屋の軒先では、
ずらりとならんだお菓子を眺めて、
子どもたちがワイワイガヤガヤ。

おみやげ屋さんで、めずらしいものを
見つけたときの
おばさまがたの会話なんて、
横で聞いていたら おもしろくって....(笑)

あ〜楽しいなぁ〜なんて思いつつ、
炭焼きでじっくり焼いた名物団子を
ほおばりながら、
あてもなくプラプラと街を散歩していくうちに、

いつしか日は暮れて、
街の灯りが、ひとつ、またひとつと灯っていく....。。。

 この"楽しかった体験"こそが、
また、楽しい絵本をつくる ひとつの素材に
なるのではないかな〜、と、
最近気づきはじめました。

 だから、素材集めには、ゆっくりした時間と楽しみを持って。

もちろん、締め切りというものがあれば、
そんなにゆっくりもしていられないんですけどね^^;

 ラフスケッチは、現在中程のページまで進んでおります。

どんな絵本ができるか、自分でも楽しみな
今日このごろです。


画像

街かどで、吹きガラス体験のできるお店を発見!





記事へトラックバック / コメント


趣味、ぶらり旅。好きな絵本、いっぱい!

2013/06/05 00:33

 本日は、ちいさなえほんカフェにて “ぶらり旅” のことと、“好きな絵本” について
フワ〜と回想します。

 ぶらり旅、大好きです。おもむろにチャリンコを出動させ、それこそ“ぶらり”状態で出かけるのがいいですね。

 アルバイトの帰り道、東京タワーが美しくライトアップしていればそのまま赤羽橋へ(所要時間1h)。
夜風が気持ち良ければ、竹芝桟橋へ(所要時間2h)。

 以前、ヨコハマに住んでいる友達の家に、ウケを狙ってチャリンコで行きました(所要時間3h)、
が、これは大失敗(笑)


 どこまでも自転車で行ってみたいっていう思いは常にあるのですが、
限界、あります。
だって、シティサイクルだし・・・・(笑)

 ギアのたくさんついた、軽くて速いクロスバイクだったら、もっと自由にぶらり旅ができそうですよね。

でも、私のようなうっかり者がクロスバイクなんぞに乗ったら・・・・、


@側溝の細いみぞにハマって車道に飛び出しお陀仏
A乱暴にこいで自転車自体が やっぱりお陀仏


 やっぱり、いまはやめておきます。


 とにかく、東京さんぽは、今の時期 特に気持ちがいいですよね。


 あっ、好きな絵本のこと書こうと思っていたのに、
すっかり時間が遅くなってしまいました・・・・・・・・・

 絵本について読みたくて、ここまで読んでしまった方
すみません。



次回は絵本のことを書くことにします。


―おしまい―






記事へトラックバック / コメント


トップへ | みんなの「おでかけ」ブログ

ちいさなえほんカフェ おでかけのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる